エリアが重要!健康食品の折込チラシ

健康食品の売り込み文句などを折込チラシにしたためて任意のエリアに配布するまでが宣伝の一連の流れですが、よく考えておくべき部分が一つだけ存在します。折込チラシを配布するエリアは、地方よりも都会に限定した方が成約率が高まるという点です。
ランディングページは健康食品と相性が良いと言われています。
地方には年配の人が多く暮らしているので、健康食品を販売している立場からすれば最良の市場であると考えられます。ところが、地産地消の取り組みを大切にしている地域も数多くあり、さらには自然豊かな土地が少なくないので健康増進のために活動する機会が都会よりも多々あります。そんなエリアへ向けて健康食品の折込チラシを配布しても、もともと健康的な日常生活を送っている人たちの関心が向く可能性は限りなく低いというわけです。
都会は公共交通機関が発達しているため、あまり長い距離を歩かなくても目的地まで到着できてしまいます。この現実は都会に生活の拠点を構える人たちを運動不足にさせてしまい、彼らは自発的に健康増進を図るための取り組みに努めなければならないことを自覚します。その結果、体に良さそうな食品が宣伝されていれば期待感が高まり、我先にと注文するようになります。
両方の地域に共通して言えるのは、健康的な生活を送りたいと心の底から願っていることです。無意識的に最良の行動を取ることができる地方では高機能な食品は高い関心を示されず、一方の都会の場合は多くの人が現状に不安を抱えている違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です