ランディングページの解析方法とは?

ECサイトやオンラインショップへのアクセスを増やしたい時に使われる手段としては、ランディングページがあります。
ランディングページのレイアウトは、縦長である事が多く、パソコンやスマートフォンなど色々な端末に対応するようにレスポンシブデザインを採用するケースが多いです。

レスポンシブデザインにしておけば、PCページをCSSで自在に自動的に調整が出来ますので、新たにモバイル専用ページを作成する手間が省ける事になります。

LPを導入する上で必要な事としては、解析方法も同時に導入しておくという事です。
WebサイトやブログやSNSなどを検索エンジンの上位表示にする為には、アクセスする人々がどのような経路でページにアクセスしてきたかを分析する事が必要ですが、ホームページ制作
においても同じ事が言えます。

解析方法としては、解析ツールを使う方法がポピュラーです。
解析ツールには、どのようなキーワードを使って検索をしてアクセスをしてきたのか、どのサイトやページのリンクから飛んできたのかなどの項目を調べられます。

LPは、メインページやオンラインショップとは違い、これらのページへと誘導する為に導入される物ですので、SEO対策を十分に行っておく必要があります。

解析ツールを最大限に使って、アクセス時によく使われるキーワードや今後アクセスの伸びが期待出来そうなキーワードを割り出して、それらのキーワードをベースに文章コンテンツを作っていくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です