建築や注文住宅系のランディングページの作り方

一生に一度きりの買い物と言ってもいいほどの存在である注文住宅系の建物や建築物の購入には、誰もが慎重にならざるを得ません。安直に意思決定をしてしまうと工事が始まってしまい、注文をキャンセルすることができなくなってしまいます。

ですから、注文住宅系の建物などを購入したい人は情報収集を綿密すぎるぐらいに行います。それに応えられる建築会社は業界内でも継続的に良好な経営状況を維持することができるので、多くが必死になって顧客の呼び込みに努めます。ここ最近ではネットの普及によってランディングページの価値が認められてきており、注文住宅系の建物を販売する会社も利益増大のために関心を寄せています。

建築会社が心得ておきたいHPの作り方は、ページ内ではあくまでも施工の確実性を強調するだけに留めること
です。ランディングページは、商品そのものの魅力を知ってもらうために解説されることがしばしばです。しかしながら、建物の場合は事情が異なります。契約時には莫大なお金が動くことになるので、そこに至るまでのプロセスで見込み顧客に心変わりさせないLPの作り方が大切です。

商談中に施工例などを確認してもらった結果として再検討に入ると見込み顧客から言われてしまうと、それまでに費やした営業活動の時間が無駄になります。ランディングページ内で十分すぎるほどに施工の証拠写真や安全対策への取り組みなどを提示することによって信頼してもらいやすくなり、商談では成約率が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です