読みやすいDMの文字数と健康食品ターゲット年齢の関係

最近では単なる寿命ではなく、健康寿命という言葉がよく使われるようになりました。
これはいくつまで生きることができるかということではなく、健康で生活できる年齢を表したものであり、こうしたことからも健康に対する関心が高まっていることがわかります。
中高年になるに従って、だんだんと健康に関する関心が高くなり、健康食品を摂取する人が増える傾向があります。
こうした年代の人をターゲットとした健康食品が多数販売されていますが、販売促進のためのDMはターゲット年齢のことを考えた上で制作する必要があります。
DMを制作する際に注意しなければならないことは、年齢的に小さな文字が読みにくかったり、あるいは老眼鏡を必要とする人が増えているということです。そのためあまり小さな文字や文字を詰め込みすぎると、きちんと目を通してもらうことができません。
そのため文字の大きさや文字数には配慮する必要があり、一般的なA4サイズのものなら、1枚で収まりきるくらいの文字数が適切といえます。
若い頃はそうした心配は全くなかった人でも、だんだんと歳をとるに従って、血液検査の数値が悪くなってしまったり、足や腰などに痛みがあるなど、体のあちこちにトラブルが発生しがちです。そしてそうした不調を改善するために、健康食品を摂取している人が多いのが現状です。
そうした健康を維持するための食品のDM制作の際には、文字の大きさや文字数にも配慮する必要があるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です