面白いランディングページってCVR高いって本当?

競合他社よりもCVRが高いLPには、共通して面白いという共通点があります。その場で笑い転げるということではなく、読み応え抜群な内容が盛り込まれているランディングページはCVRが高いです。

数日間の検証では時間が足りなすぎる実験に取り組みその結果がLPを通じて公開されている場合には、高いCVRを稼ぎ出す可能性が高くなります。時間経過とともに商品がどのように作用するのかは、購入を検討している人であれば誰でも気になります。

数カ月程度で完結するものから数年規模のものまでありますが、期間が長いほどにオリジナリティが増して価値のある情報だと評価されやすいです。同業他社には真似のできない情報を提供することができれば、商品のことを全力で考えていると見込み顧客から評価されます。

商品を使い続けていると消費者の人生がどう変わるのかについて明確なイメージを持つ助けになってくれる企業は重宝されやすいので、成約率が上昇するというわけです。

見込み顧客がランディングページを参考にして注文手続きを開始するかどうかの基準は、内容が面白いか否かにかかっています。

見込み顧客からすれば言わずもがなの情報ばかりが確認できるLPでは、有益な情報を提供する競合他社に太刀打ちすることができません。どれだけの手間暇をかけられるかによってランディングページが面白いと感じてもらえるようになるのかが決まるので、面倒臭がらずにいろいろなことに挑戦するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です