食品関連のランディングページのポイント

消費活動に走ってもらわなければ成り立たない食品関係の会社が制作するランディングページには、是が非でも取り入れておくべき内容があります。世間の人びとに食べてもらいたい一品が誕生した背景について、事細かくLPに記載することです。
食品関係の商品には、各々に誕生するまでに経てきた歴史が存在します。可能な限り当時の担当者を交えて、ランディングページに盛り込むべき事実内容を考えます。このときに、社会に良い影響をもたらしたいとの願いで考案した一品であれば必ず掲載するに越したことはありません。見た人を感動させられる効果があり、他に食べたいものがあったとしても優先的に店舗に足を運んでくれたり通販購入してくれたりする期待が高くなります。企業独自の想いを存分に伝えられるようにするためには、開発時に考えたコンセプトから話題を広げるのがうってつけです。
食品関係のランディングページであれば、宣伝対象の味わいや独自考案の食べ方などといった豆知識を掲載することがセオリーとされています。実際にそのようなLPは多々存在していますが、だからと言って成果を上げられているとは限りません。競合他社の猿真似をしている企業も珍しくはなく、コンセプトのかけらも確認することができない完成度のものさえ存在しています。ですから、ずさんとも言うべきLPを制作している他社とのリードを大きく広げるためには、コンテンツの質を向上させることが至上命題というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です