ヌメアにおける観光とカジノ

  

 

ニューカレドニアは南半球にある観光地です。そのため日本とは季節が真逆になります。ただ気候的には亜熱帯気候に属しており年間平均気温は24℃と暖かく雨季もない地域です。年間を通して平均降水量が150mlを超える月はないので滞在期間中ずっと雨が降るといったことはありません。その代わり年間を通じて日差しが強く帽子・サングラス・日焼け止めがないとつらい面があります。その気候により服装は「カジュアルなビーチスタイル」で現地の人も南国を思わせるラフな格好であるので違和感はありません。ただ首都となるヌメアにあるカジノなどはドレスコードがあります。準正装が求められるのでビーチサンダルや短パンでは入ることができません。もし利用するのであれば男性は襟付きのポロに靴女性はワンピースを用意して滞在することが必要とされます。

ニューカレドニアはフランス領土であるため義務教育もすべてフランス語で公用語もフランス語になっています。しかし観光地なので空港内やカジノがあるニューカレドニアの首都のヌメアなどは英語ならば会話はある程度通じるところです。この場合はお互い片言の英語になるケースがあります。カジノ内では流暢に英語を話すスタッフがいるのでフランス語ができなくても問題はありません。しかし機械の説明など書いてある文字はフランス語で占められるので注意しなければなりません。特に長期滞在で洗濯機などを利用する場合はホテルの従業員の人などに使い方を教えてもらう必要があります。フランス語がわからなくてもなんとかなるケースですが『メルシー!(Merci!ありがとう)』や『ボン!(C’est bon!美味しい)』などは使用すると喜ばれます。

『南太平洋に浮かぶプチフランス』の代名詞で知られるニューカレドニア最大の街ヌメアはダイビングを楽しむこともできる地域です。ニューカレドニアで唯一日本人が経営するダイブショップはショッピングする分は良心的とされています。ただしダイビングをする場合はスタッフに当たり外れがあり外れのスタッフに当たると客対応やスタッフ同士の会話が不愉快になるレベルで台無しになるケースがあります。日本人スタッフにも当たり外れがあり無愛想でぞんざいな目にあうこともあります。中でも日本人女性スタッフにかなり態度が悪く愛想もないくひどい客対応をすることは地味に評判になっています。またクレームを入れてもトンチンカンな対応で改善する意思が全く伝わらないパターンになるので覚悟しておく必要があります。