ランディングページのアイコンって動きがあるのが多い?

巷にありふれている企業の公式ページには動きのあるアイコンは少ないですが、ランディングページも公開している場合は少々事情が異なります。LPの中に動きのあるアイコンがふんだんに盛り込まれており、それによって売り上げを高める効果を生み出しています。

動きがあるアイコンの種類でもしばしばホームページ制作で採用されているのは、購入申込みまでの時間制限のカウントダウンを行うタイプです。これがLPに導入されていれば、いつまでに商品を購入する手続きを踏まなければならないのかについて見込み顧客に自覚させることが可能です。大切な行動に締め切りが設けられていた場合、人は焦燥感に駆られることが多くなります。結果として、いち早く商品を手にするために行動に移すべきであると決断させられます。

公式ページがあるにもかかわらずランディングページを公開している企業には、特設ページを解説してまでも宣伝したい商品があることが想像に難くありません。そんな企業が手っ取り早く売り上げ高を増加させるには、見込み顧客にインパクトのある広告を見てもらうに越したことはありません。公式ページの片隅に商品を説明する内容のテキストを公開していても、アクセスしてきた人は会社概要や求人募集などといった情報にばかり注目する傾向があります。

ですから、LPという媒体を活用することによって商品を広く知ってもらうと同時に制約につなげる試みを実践しているというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です