モンテカルロ法はトータルで儲ける方法です

  

「モンテカルロ法」には2種類の賭け方があります。ほとんど違いはないですが、いくつか要点が異なることがあり、モンテカルロ法は最終的に数列に数字がなくなる場合と、数列の数で足し算することができない場合に終了します。その時点において儲けが発生するのでこの方法は1度勝てば儲けを生み出すということではなく、一通りの賭け事の流れが終了した時のトータルで儲けがあるという方法です。この点が他の攻略法と少し異なるポイントになります。もしモンテカルロ法を試したいなら出金時間の早いベラジョンがおすすめです。

モンテカルロ法の数字順による配列の場合、まず最小単位の賭ける額を決めます。その後最小単位の2倍や3倍の3つの数字から作られる数列を作り、列の両端を加算した値の分チップを賭けましょう。もし負けた場合、負けた時点における数列の最後尾の値にプラスした値を数列の最後尾に加えて、その後数の両端を加算した値を賭けます。勝った場合、列の両端から二つずつ削除していき、残った数列の両端のトータル値と同じ金額を賭ける方法です。

ベット額の配列の場合、最初に最小単位の賭ける額を決めます。次に最小単位の2倍や3倍の3つの数字からできる数列を作り、列の両端を加算した金額の分チップを賭けましょう。もし負けた場合、最後に賭けた金額を数列の最後尾にプラスし、その後もう一度数列の両端をプラスした値の分賭けます。勝った場合、数列の両端から二つ削除し、残った数の両端のトータル値と同じ分を賭けましょう。カジノで世界的に有名なモナコ公国の地区(カルティ)の1つ「モンテカルロ」から名付けられた方法です。別名「ランダム法」とも呼ばれていて、世界中のカジノにおいて実践されている方法の一つとして有名で多くの人が利用しています。