連勝に着目したグッドマン1235法の魅力とは

  

カジノで勝負をしていく時には、手元資金をどのように利用して投資を行い利益を上げていくかが注目されます。ただ利益ばかりに目を奪われるよりは、実際には損失も存在しますので、できる限りロスを抑制した形で投資を行うことは理に適っています。
グッドマン1235法はシンプルな投資法で初心者でも理解しやすい点でもおすすめの投資法です。その方法は1からスタートを行い勝てば2、さらに勝てば3、最後に5まで投資を行っていくスタンスとなります。

そのグッドマン1235法の投資法のスタンスとしては、勝ったら金額を1・2・3・5の順番に積み上げていきますが、最終の5の金額では勝ち続けている間は負けるまで行います。負けた場合でもトータルで1しか損失が発生しない様になっており、勝ち続けた時にはその勢いに乗ることで、資金を増やし続けることがメリットです。
負けた場合はまた投資金を1からスタートして、同じように行っていきます。つまり連勝するという偏りに着目した投資法であり、グッドマン1235法はイーブンベットのゲームで使うこともできる投資法となります。

ただ注意点としては、損失ロスが1しかないメリットも存在しますが、交互に勝ったり負けたりを繰り返すと損失ロス1が加算されることになるため、利益を上げることが難しく、逆に最終的に損失を抱えてしまう場合も存在します。そんな時でもベラジョンなら自己規制機能付き!だから損失を大きくせずに安心してプレイできおすすめです。
実際に収益を上げることができるのは三回目に賭けた3の場合の時で1、四回目の5を賭けた時点で2となります。
連勝が起きれば利益が出せるので、1回勝ちで2回目に負けを繰り返すと損失が膨らみます。そのためグッドマン1235法は勝率が高く自信がある時に採用する投資法で、他の方法と併用することを検討した方が良いケースも存在します。