複雑な仕組みな投資法である10ユニット法

  

10ユニット法は1の数字を10個羅列を行い両端を足したユニット数を1ゲームにベットを行い、勝ったらその数字を消していき、それを繰り返してトータルの収益を得る投資法です。両端の数字を足すことから投資が始まり、その足した数字でベットを行い、負けた場合には両端を消去せずに右端に負けたユニット数を書いていきます。
そして勝つまで右端に賭けたユニット数を追加して記載していき、そのゲームごとに両端を足したユニット数を賭けることになります。10ユニット法を行う上では、まず紙に1の数字を10個用意して鉛筆と消しゴムを用いて行っていくと管理がしやすいです。

目的は1の数字と負けて記載した数字が総て消去されることで、その数字が総て消去された時点で利益を上げている状態になるため、それが消されることを目的として賭け額を管理して行きます。1ユニット数を何ドルにするかを自由に設定できるため、手持ちの資金状態に応じて自由に設定することができる点でもメリットです。特に手持ち資金の管理が不安な方には4つの自己規制機能があるベラジョンをおすすめします!