バカラでの10%投資法

  

バカラにおける10%投資法とは、自分の所有している総資金額の10%を賭けていくという方法です。例えば100万円を自己資金としてスタートさせる場合、10万円を最初の資金額と決めます。もしこの10万円を失った場合には、次の手持ち資金90万円の10%である9万円を資金額とし、もしも最初の10万円分が15万円勝利して総資金額が115万円になった場合には、次の参加で11万5千円を資金額とするのです。

10%投資法を細かく設定する場合において金額の最後の桁を切り捨てるか切り上げにするかは最初に自分で決めておきます。この投資法の利点としては、統計的に分析してみるとバカラのゲームで勝ち続けることができた場合には得られる金額が大きくなっていく傾向にあります。そしてもしもゲームで負けの状態が続いてしまった場合でも負けた金額の損失は緩やかに済ませることができるのです。しかし、勝ったゲームと負けたゲームの数が同数の場合だと金額的には結果としてマイナスになってしまいます。これはどういったことかというと、ゲームでもし負け続けてしまっても損失が緩和されるのですが、その代わりに勝ちゲームと負けゲームが同数の時に不利になるという投資方法であるということです。どうしても損失が不安という人には、時間制限、ロス制限付きのベラジョンへの登録がおすすめです。

ではこの10%投資法を使い続けていくと結果としてはどうなるのでしょうか。負けた場合の損失が緩やかになるので不調の場合は感情的な理由によって大きな損失を出すことは防げるのですが、ゲームでの負けが連続的に長期間続いた場合に取り戻せる金額もどんどん少なくなってきます。ゲーム参加の最初の段階で負けが続いてしまうと厳しい状況になってしまうことには注意しなくてはいけません。