ラブシェール戦法 をカジノで活用しましょう

  

ラブシェール戦法も、カジノ必勝法のひとつです。ラブシェール戦法は自分が負けても構わないと考える最大額を事前に設定して、その範囲内でゲームを楽しむ方法になります。負け額があらかじめ設置した金額に達した時点でゲームは終了となりますので、損失を限定しながら大きな利益が狙えるというメリットがあります。大負けのリスクを減らすことができますので、資金が限られる人もカジノのギャンブルを思い切って楽しむことができるのです。資金の使いすぎが心配な方はベラジョンに登録・入金しましょう。入金制限が利用できおすすめです!

まずは自分がカジノで負けても構わないと考える金額を設定して、これを4から10程度の数字に分割します。例えば負けても構わない最大額が100ドルであれば、10・20・5・10・30・10・5・10などのように資金を分割して、数字をメモしてください。ラブシェール戦法ではメモの両端の数字の合計額を、次の勝負に賭けることになります。上記の例であれば10+10=20ドルを賭けるのです。勝負に勝った場合には儲かった分である20を数字の右側に追加して、次は10+20=30ドルを賭けます。負けた場合には両端の数字を消して、残った数字の両端の合計額を賭けてください。

ラブシェール戦法では数字がすべて消された時点で、設定した金額分の資金を失ったことになります。その時点で勝負は諦めて、カジノから立ち去るようにしましょう。一方で勝ちが連続すれば数字が大きくなり掛け金が増加するため、さらに大きな勝ちが狙えることになります。リスクが限定される一方で大きな勝ちが狙えることが、ラブシェール戦法の特徴です。ただし勝ちが連続した直後に負けが連続すると儲けた金額を一気に失ってしまう可能性がありますので、勝ちの金額についてもあらかじめ目標を設定して、目標を達成した時点で終了とすることをおすすめします。