シフトベット法はプロディーラーが絶賛の必勝法

  

シフトベット法は、ランドカジノのプロディーラーが絶賛する実践向けにおいての必勝法と言われています。これは、セクションストラテジー、ゾーンストラテジーとも呼ぶもので、ルーレットの基礎攻略においては欠かせない戦略法です。ちなみに、シフトベット法はプロディーラーだけでなく、実店舗のカジノでもあるランドカジノの中で、数多くのプロプレイヤーが利用する優秀なベット法です。アメリカンルーレットの2倍配当の賭けとストレートベットの賭けを利用したものになるので、使い方を覚えるなど実践がお勧めです。プレイするには登録わずか30秒!のビットカジノがおすすめ。今すぐ始められます。

シフトベット法では、ルーレットの球が投げ込まれるホイールを考慮した戦略です。使用するアメリカンルーレットのホイールの数字の並びが、一見バラバラになっているように感じる人は多いのではないでしょうか。しかし、この数字は一定の法則で数字が並んでいる、アメリカンルーレットの場合は、赤と黒交互の並びであり、対角線上には連続した数字が来るように付いています。

赤と黒が交互に並んでいるホイールの中で、黒の結果を予想した時、1個でもズレが生じれば、玉は真逆の赤に落ちることになります。赤と黒の賭けの勝率は半々ですが、1個でもズレが起きれば異なる結果になりやすい賭け方になるわけです。こうした予想のズレをカバーするのがシフトベット法の特徴です。この手法では、ホイールを分割し、分割したエリア内の数字すべてに1点賭けするストレートベットにして、チップを賭ける戦略になります。赤と黒賭けとは異なり1個のズレにより負けてしまうことがないメリットを持ちます。エリアは4つに分割する、それぞれ0シフト、00シフト、357シフト、そして468シフトと呼び、0や00シフトは10個の数字、357や468シフトはそれぞれ9個の数字で構成が行われます。