カジノでのバカラの攻略法

  

バカラは、基本的にバンカーとプレイヤーで勝負するカジノのカードゲームですが、カジノのディーラーがすべての行為を行うのでチップを賭けるだけのシンプルなゲームであり、カードの追加が可能な事で僅かながらも勝率の高いバンカーに掛けるのがカジノでのセオリーとなっているカードゲームでもあります。また、バカラは、シックボーやキノーに比べてハウスエッジが非常に少なく勝率が高い事からハイローラーにも愛されています。バカラは、基本的に勝ち越している時の攻略法と負け越している時の攻略法に大きな違いがあるだけでなく、勝敗に関係無く行われる攻略法があります。なお、オンラインカジノに不安を感じている方は安全性の高いベラジョンがおすすめです。
さらに稼ぎたい方は【カジノゲームの賭け方・必勝法】ラプシェール戦法を徹底解説!も習得しましょう。

勝ち越している時の攻略法には、逆マーチンゲール方とも呼ばれているパーレー法やグランパーレー法に加え、グッドマン1235法やバーネット1326法及びイーストコーストプログレッション法など数多く存在します。パーレー法は、勝利時に掛け金を2倍にして行く攻略法であり、連勝する事で還元される利益が増加すると共に勝利で得た利益を掛け金とするので危険性の少ない攻略法と言えます。
負け越している時の攻略法には、マーチンゲール法やモンテカルロ法に加え、グランマーチンゲール法やウィナーズ投資法など数多く存在します。グランマーチンゲール法は、勝利するまで2倍の掛け金と当初の掛け金を一緒に掛ける攻略法であり、勝利時の還元利益が大きく連敗時の損失分を一気に補填する事が出来る利点が有る反面、賭け金の2倍掛けに加えて賭け金を上乗せする掛け方なので浮き沈みが激しくなる欠点が特徴です。その他の攻略法には、ハーフストップ法やピラミッド法及び10%投資法など数多く存在します。10%投資法は、手持ち資金の10%を掛けて行く攻略法であり、連敗が続くと資金回収が難しくなる特徴があります。