オンラインカジノのバカラの控除率とは

  

●カジノの控除率とは
オンラインでも実店舗でもカジノはお店を運営する経営者が経費や利益のために、客が賭けた金額から一定の割合を差し引いた後に配当金として払い戻されます。控除率はお店やゲームごとに違いがありますが、オンラインカジノの場合には平均で10~20%程度に設定されています。ただし、同じ店でもゲームごとに数値に大きな違いがあります。

●バカラの控除率について
バカラは控除率が低い(ペイアウト率が高い)カードゲームとして知られていて、オンラインカジノであれば平均で1%台前半でペイアウト率(還元率)が98%~99%です。そのため、賭け金以上の配当金を受け取って儲けを得る事も可能です。ちなみにブラックジャックもペイアウト率が高いゲームとして知られていて、平均の還元率は96~100%です。オンラインカジノゲームの中でもスクラッチゲームやスロットなどはペイアウト率が低く、80~90%に設定されています。
さらに知りたい方は【永久保存版】プロギャンブラーも使う34個のカジノ攻略法・必勝法まとめにも色々なゲームがあるので自分に合ったものを見つけてみましょう。

●バカラの控除率が低い理由と儲ける方法とは
バカラの控除率が低い理由として、プレイヤーの方が有利なルールのカードゲームであることと、短時間で何度もゲームをプレイすることができることが挙げられます。バカラのルールは実質的にバンカーとプレイヤーのどちらかが勝つか予想するだけでシンプルなことから多くの攻略法が存在するため、客が勝ちやすいという特徴があります。これに加えて短時間で何度もゲームをプレイすることができるので、仮に1プレイあたりのお店の利益が少なくても客が何度もプレイを行うことで利益を積み上げることが可能だからです。バカラをプレイする際にランダムに賭けると確率論的な期待値により客の方が損をしますが、攻略法を活用して勝率を高めることで儲けを得る事が可能です。