ハーフストップ法は止め時を判断する方法です

  

カジノには様々なゲームがあり、運が良ければ大きく勝つことができます。ただし実際には大きく勝つと気が大きくなって、さらに勝ちを増やそうと大きな賭けをして儲けを失ってしまうことが多くなります。ハーフストップ法はカジノである程度儲けた際に、止め時を判断するための方法です。儲けを減らすことなく「勝ち逃げ」が可能になりますので、積極的な活用を検討してみてください。また儲けを失い過ぎない為にはネットカジノの中でも自己規制のシステムがあるものを選びましょう。
また【カジノゲームの賭け方・必勝法】10%法の使い方!もチェックしてみてください。

手元の儲けが最初に決めた目標額に達した時点で、ハーフストップ法を始めます。ハーフストップ法はその名称のとおり、儲けたお金の半分を失ったらゲームを止めるという方法です。例えば目標利益を100ドルと決めた場合には、ゲームの儲けが100ドルに達した時点で儲けを50ドル+50ドルに分割して、50ドルの手持ち資金でゲームを再開します。ゲームのやり方は自由となりますので、5ドルずつや10ドルずつの勝負をしてもかまいませんし、50ドル全額で一発勝負をすることもできます。手持ち資金の50ドルを失ったらゲームは終了ですが、当初の儲けの半分の50ドルを失うことなくカジノを立ち去ることができるのです。勝ちが続いて手持ち資金の50ドルがさらに増えた場合には、再度資金を分割してゲームを続けることもできます。

ハーフストップ法は単純な方法ですが、利益の一部を確実に残すことができる賢明な方法だといえるでしょう。勝ちが続けばゲームを続けることもできますので、儲けを大きく増やせる可能性もあります。ハーフストップ法を活用する際には、一度決めた止め時は必ず守るようにしてください。100ドル儲けた後で50ドル損をすると「もう少し」「取り返したい」という気持ちになるかもしれませんが、この時にきっぱりと諦めることがハーフストップ法の重要なポイントなのです。