10ユニット法は目標利益を設定する必勝法です

  

カジノには様々な必勝法がありますが、10ユニット法もそのひとつとなります。10ユニット法はあらかじめ数列を設定して、これを全て消すことができれば勝利となる必勝法です。数列を設定する必勝法としてはラブシェール戦法が有名ですが、ラブシェール戦法ではあらかじめ負けても構わないと考える金額を設定して負ける度に数字を消すのに対して、10ユニット法ではあらかじめ目標利益を設定して勝つたびに数字を消していくという違いがあります。

まずは1ユニットの金額を決めてください。ここではわかりやすいように、1ユニット=1ドルに設定します。次に1ユニット×10を意味する、1111111111をメモします。10ユニット法では常に、数列の両端の数字の合計が掛け金となります。最初の勝負では1+1=2ユニットになりますので、2ドルを賭けてください。勝負に勝った場合には数列の両端を消して、次は残った数列の両端の合計額を賭けることになります。負けた場合には賭け金の数字を、数列の右端に書き加えてください。上記の場合では2を書き加えて、11111111112になります。次の勝負では1+2=3ユニットとなり、3ドルを賭けることになるのです。

10ユニット法では勝つことで数列が減少して、数字が全て消えた時点で10ユニット分を儲けたことになります。ただし負けが連続すると数字が大きくなり損失が拡大することになりますので、あらかじめ負けてもかまわないリミット数を設定しておくのが安全です。例えばリミット数を20と決めた場合には、数列が20個に増えた時点で必勝法は失敗となります。なお、10ユニット法でプレイするなら簡単、便利なネットカジノをおすすめします!便利計算方法が若干複雑であるため慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくるとメモなしでも頭の中で計算できますので、まずは気軽にチャレンジしてみてください。
もっと知りたいかたはカジ旅の登録から入出金、評判、口コミ、遊び方も参考にしてみてくださいね。