ココモ法とはどんなものか?

  

ココモ法というのはカジノで使う、マーチンゲール法の変形であり、マーチンゲール法と同じように1回の勝ちでそれまでの負けを全て取り返すという必勝法です。ただし、マーチンゲール法は1倍以上の配当のある賭けに有効ですが、ココモ法は2倍以上の配当がある場合、例えばコラムベットやダズンベッドに有効な投資法であることに注意しましょう。マーチンゲール法とココモ法の最大の違いは、負ければ負けるほどに勝った時の利益が大きくなるということです。マーチンゲール法では1ドルからスタートすればどこで勝っても利益は1ドルにしかなりません。まずはカジノをプレイするのにどこに登録したらよいかオンラインカジノ出金スピードランキングなども参考に良く調べてから始めましょう。

ココモ法の使い方です。まず、初めに「1ドル」を賭けましょう。それで巻けたら更に1ドルを賭けます。また負けてしまったら、今度は直前にかけた数字とその前にかけた数字、つまりこの場合では2ドルを賭けるのです。ここでのポイントは2連敗以上したときには直前に賭けた数字とその前に賭けた数字をあわせた数をかけ続けていくということです。
この投資法は負ければ負けるほど勝った時の利益が大きくなるという特長がありますので、マーチンゲール法と同じように連敗し続けた場合には損失が急激に膨れ上がっていきますので注意が必要です。

この投資法は配当が2倍のゲームに賭けるということで、1倍のゲームに賭けるよりは勝率は低くなります。つまり連敗もしやすい方法であると理解しましょう。10連敗以上しやすくなるのは当たり前ですし、それほどに連敗すると損失が急激に増えていくことにもなります。そして連敗しすぎると1回の勝ちで負けを取り返す事が出来なくなってしまうのです。しかし、マーチンゲール法と同様に使い方を工夫すれば有効な投資法ですから、まずは気軽にトライしてみて感覚をつかみましょう。