チャンピオンゲーム法を使ったカジノ攻略法とは

  

チャンピオンゲーム法とはゲームを予選と決勝に分けて段階的に利益を積み上げる手法です。予選と決勝の2ステージに分けることで掛け金が増えていく危険性をできるだけ抑え、利益を確定させる攻略法です。この手法は勝敗確率が50%、配当倍率2倍のゲームで効果を発揮します。
チャンピオンゲーム法はメモをとりながら行うことが不可欠となりますのでメモとペンを用意しておきましょう。初心者には自分のペースできるネットカジノがおすすめです。
まず予選ステージから説明します。メモを取る数字はゲームの掛け金の単位数です。ここでは1単位を1ドルとします。最初にメモに「1」を2つ書きます。両方を足して初回賭け金を出します。この例では「2」となります。ゲームに負けたら前回の賭け金を右端にメモします。ここでは「112」となります。次は左端と右端の数字を足して次の賭け金を出します。この場合は「3」となります。再度負けた場合、前回賭け金を右端にメモし、同じ要領で次の賭け金を出します。ここでは「1123」となり次回の賭け金は「4」となります。この時、ゲームに勝ったら両端を消します。消した結果、数字が1つならそれが次回の賭け金となります。残ったのが2つ以上なら、その両端を足して次回の賭け金を出します。この場合、両端を消すと「12」となり次回の賭け金は「3」になります。次のゲームで勝ったら両端を消すので全ての数字が消えて予選終了です。この例では予選終了時に利益2ドルを必ず得られます。予選が終了したら決勝ステージに移行します。決勝ではメモに「1」を3つ書いてスタートします。その後は予選同様に、両端を足して賭け金を決め、負けた場合は数字を書き足し、勝ったら両端を消していきます。全部の数字が消えたら決勝ステージの終了です。決勝が終わった時、利益として3ドルが必ず得られます。
チャンピオンゲーム法のメリットとしては、まず、賭け金を抑えながらゲームが進められます。次に、数字を全部消せば、賭け金の5単位(ここでの例では5ドル)の利益が確定します。さらに、目標とする利益の額に合わせて、予選と決勝ステージの回数を調整できます。