カジノのルーレットの控除率について

  

カジノではどんなゲームでも控除率というものが設定されています。これはいわばカジノ側の取り分であり、運営、経営していくためには当然ながら不可欠のものです。一時的にキャンペーンなどで0やマイナスになることはあり得ますが、どんなカジノであっても、長期的、全体的にみて0やそれを下回る数字になることはあり得ません。では例えばルーレットの場合には控除率はどのようになっているのでしょうか。これは、数あるカジノゲームの中でも分かりやすいものです、ルーレットの場合、1から36までの数字と0があります。場合によってはさらに00があるものもありますが、基本的な考え方としては同じですから、ここでは00はないもので考えます。0はどんな場合でもハズレですから、結局のところ1/37の確率で控除されることになり、率としては2.70%となります。
この数字を見てどのように思われるでしょうか。実はこの数字は、日本国内にあるどんなギャンブルよりもはるかに低い数字になっています。日本国内のギャンブル、例えば競馬や競輪、パチンコやパチスロといったものは、おおむね20%から30%もの数字になっているからです。この数字を見れば、ルーレットの控除率はあり得ないくらいに小さい数字になっていることが分かるでしょう。これを理解すれば日本のギャンブルなどやっていられないと思っても至極当然です。せっかくゲームを楽しむのならオンラインカジノの中でも人気のウィリアムヒルスポーツカジノなどがおすすめ。むしろ、日本のギャンブルは世界標準から見ればギャンブルと呼ぶのもおこがましいくらいで、暴利以外の何物でもありません。
そのようなもので憂さを晴らすのはいい加減止めにして、カジノのルーレットなど世界的にみて控除率の真っ当なゲームで優雅に楽しみたいものです。