カジノでは控除率の低いルーレットがおすすめです。

  

カジノで勝てる確率がどれ位あるかご存知ですか。実は単発であればカジノで勝つのはそれほど難しくはありません。ただし、勝ち続けたいと思った場合その難易度は非常に上がります。それは、カジノをはじめとしたギャンブル全般には「控除率」と呼ばれる値が設定されており、実際に当たる確率と払い戻しが一致していないことに由来します。別名である「ハウスエッジ」の方が多くの人に耳なじみがある言葉かもしれません。
ハウスエッジと呼ばれることもある「控除率」は、簡単に言えばギャンブルを運営している側の取り分です。日本では馴染みのないカジノ以外にも世の中にはパチンコや競馬、競艇などさまざまなギャンブルがあります。当然それらを運営している側に儲けがなければいずれのギャンブルも運営していくことはできません。そのため、ギャンブルをプレイする側は必ず知らず知らずのうちにその手数料を支払っているのです。ただし、その手数料の支払いがプレイヤー全員に均等に請求されないのがギャンブルの特徴です。つまり、あるギャンブル全体の収支を見た際に運営側が取り分として得ている手数料が「控除率」ということになります。そのため、控除率が高いほどプレイヤーに不利な負けやすいギャンブルというです。
そんな「控除率」の値はギャンブルの種類によって意外と大きく違います。カジノは約5から10%に対して、日本で一般的な競馬や競輪は25%程と言われています。つまり、カジノは日本のギャンブルより断然良心的なのです。特に初心者でもやりやすいルーレットなどはおすすめで、マカオなどで主流なゼロが1つしかない「ヨーロピアンスタイル」のものはラスベガスで主流なアメリカンルーレットより約3%と低い控除率が設定されています。旅先の思い出にルーレットに挑戦してみてはいかがでしょうか。なお、事前にルーレットを知っておきたい、という方にはルーレット必勝法でコツをつかんでおくのもおすすめです。