カジノのルーレットに仕掛けは存在しない

  

カジノで負けると、うまく操作されただとか、何かしらの仕掛けがあったと言われがちですが、実際はそうしたことはないようになっており、フェアプレーの精神をもってカジノの運営が行われています。ルーレットに関しては仕掛けが多く存在するような印象を持たれる一方で実際は仕掛けなどは存在しません。ルーレット台を実際に作る場合は精密機械が玉を投げ入れて、盤面を回すタイミングも同じにしてやっていきますが、常にバラバラの数字が出るようになっているのが実情です。癖を作ってしまえば仕掛けがあると思われても仕方がないため、どのルーレット台もフラットに作られています。

カジノではテーブルから落ちたサイコロは入念にチェックし、新しいサイコロで再び行う、お客さんに任意のサイコロを片手で選ばせるなどフェアに行われるよう実施されています。ルーレットの場合にはディーラーが好きなところに落とせるのではないかという疑いがあり、仕掛けがあると思いがちですが、むしろそうしたことができればディーラーの知り合いを忍び込ませてその人に勝たせることも可能です。そんなことになれば、カジノの信用も落ちてしまいます。そのため、仕掛けがあることは考えにくいです。

こうしたことをしなくてもカジノ側は儲かるようになっており、バレてしまえば厳しい罰が待っています。わざわざそんなことをするリスクはありません。特にオンラインカジノのエンパイアカジノでは第三者機関による監視が行われており安心してプレイができます。日本ではテレビドラマのイメージが強く、そうしたものを連想しがちです。ゆえにフェアな試みに対するマナーが欠けている面もあります。ルーレットを含め、すべてのゲームがフェアに行われ、最後は自分の運次第であることをカジノで遊ぶ際には肝に銘じておくことが必要です。