人気バカラカジノの用語の意味

  

カジノで人気で主流ともいわれているのが、バカラです。ルールを覚えるのは当たり前ですが、用語の意味をわかっているかいないかでは楽しさ、面白さが変わってきます。基本な用語や覚えておくとよい用語の意味を紹介します。用語を知っておくとゲームをする際にとてもスムーズです。
まず、基本用語から説明します。「バンコ」は、すべてのお金を1つにかけるときに言う言葉です。「バンコ・ベット」は、バンカーと言う意味でゲームでバンカー側に賭ける時に使い「プント・ベット」は、プレイヤーのことを指しプレイヤー側にかける時に使います。「タイ・ベット」は、試合がタイになると思うとき、タイに賭けるベットのことを言います。「絵札」は、ご存じの通りジャック、クイーンなどの顔が描かれたカードです。「フェード」もしくは「ロス・ベッド」は、バンカー側に賭ける時に使い「バンコ・ベット」と意味は一緒です。「ハウス・エッジ」は、試合中カジノ側がプレイヤー側より有利な時に使われる用語でカジノに行かれ人はよく聞いたことがあると思います。またオンラインカジノランキングならバカラを楽しめる人気のオンラインカジノが見つかります。
ここからは、応用用語ではありませんが覚えて損はない用語を紹介します。まず、「バカラ・バンク」ですが、バカラには色々なバリエーションがあり、その一つが「バカラ・バンク」です。プレイヤーが2人でカジノ側がベットを予約します。「カルテ」はカードを要求するときに使います。この他にも「スタンドオフ」はバンカー、プレイヤー共に引き分けになることを指したり、「ル・グランデ」は「9」のハンドを記述のに使われバカラでは最高のハンドと言われています。他にも色々な用語がありますので覚えると楽しく出来ます。