ランディングページとサイトの違いとは。

縦に長くてスクロールしていくとやたらとイラストやキャッチコピー、それに購入ボタンや資料請求ボタンなどが目につくページ、いわゆるランディングページとかLPと呼ばれるページ、このようなページを目にされた方も多いと思います。これに対して普通のホームページとかWEBサイトと呼ばれるものの違いはどこにあるのでしょう。
例えば会社のホームページで考えると、会社案内、求人案内、商品やサービス案内に問い合わせページなど、会社の玄関口であり、総合案内窓口となるのがホームページ、公式サイトなどと呼ばれるものです。会社名やお店の屋号で検索すると表示されるページといえばわかりやすいかもしれません。それに対してランディングページは一つの商品や一つのサービスに特化しているのが普通です。こうしたページは会社名やお店の屋号ではなく、商品名、サービス名で検索されたり、バナー広告からリンクされています。こうして特化することで、特定の商品やサービスに興味のあるユーザーだけを効率的に集客できるのです。
もう一つの違いとして、公式サイトは商品やサービスに興味あるユーザーだけではなく、その会社自体に興味があるユーザーや求人情報を見に来るユーザーなど様々なユーザーが訪れます。そのためにどうしても一つ一つの情報の中身は薄まってしまいます。しかしランディングページであれば、詳しく丁寧に商品紹介が行えます。つまりすべてのユーザーに対して情報を発信する通常のホームページに対して、LPは徹底的に一つの商品の情報、販売にこだわったページであるといえます。

スマートフォン最適化したランディングページは効果的

パソコンの売り上げに変化が訪れるようになり、現在はスマートフォンがその主役の場を独占しています。そういった背景を受け、ランディングページ(LP)への影響にもひと昔とは異なる様相が出てきているのです。時代の先端をきちんと見ながら、ビジネス展開をしていくことが経営者には求められており、将来の道筋をしっかりと立てるような意識を改めて持つことが重要になっています。利益を優先させる経営を主にするためにも、まずは最適化における状況や社会のニーズがどういう状況になっているかを冷静になって確認する段階が大事な側面にもなるのです。
その一方でランディングページ(LP)を上手に用いて、飛躍的に成長を遂げた企業も存在しています。今はやりのIT企業でありますが、自社での問題解決に及ぶまでの対応力の速さやスタッフへの献身的な指導が功を奏してそういった結果へとつながったと言われているのです。社員の数が少なかったとしても、活気あるスタッフに恵まれればスマートフォンに最適なネットビジネスで成功をおさめることが可能になります。優先順位をはっきりさせて、最適化の方向性を重視していくことが経営者には大事な側面となるわけです。多角的な視点を持ち、新たなビジネスの流れにも対応できるようなノウハウを身につけておくことが重要です。激しい競争を繰り広げるスマートフォン関連のビジネスは、先進的な技術がどれだけ織り込まれているかが勝負となっています。

建築や注文住宅系のランディングページの作り方

一生に一度きりの買い物と言ってもいいほどの存在である注文住宅系の建物や建築物の購入には、誰もが慎重にならざるを得ません。安直に意思決定をしてしまうと工事が始まってしまい、注文をキャンセルすることができなくなってしまいます。

ですから、注文住宅系の建物などを購入したい人は情報収集を綿密すぎるぐらいに行います。それに応えられる建築会社は業界内でも継続的に良好な経営状況を維持することができるので、多くが必死になって顧客の呼び込みに努めます。ここ最近ではネットの普及によってランディングページの価値が認められてきており、注文住宅系の建物を販売する会社も利益増大のために関心を寄せています。

建築会社が心得ておきたいHPの作り方は、ページ内ではあくまでも施工の確実性を強調するだけに留めること
です。ランディングページは、商品そのものの魅力を知ってもらうために解説されることがしばしばです。しかしながら、建物の場合は事情が異なります。契約時には莫大なお金が動くことになるので、そこに至るまでのプロセスで見込み顧客に心変わりさせないLPの作り方が大切です。

商談中に施工例などを確認してもらった結果として再検討に入ると見込み顧客から言われてしまうと、それまでに費やした営業活動の時間が無駄になります。ランディングページ内で十分すぎるほどに施工の証拠写真や安全対策への取り組みなどを提示することによって信頼してもらいやすくなり、商談では成約率が高まります。

健康食品や医薬部外品のランディングページ制作はZEROがオススメ!

ランディングページは別名LPとも呼ばれるもので、ネット広告やリンクをクリックした際に表示される購入ページのサイトを含むWebページ全般を指します。

一般的にランディングページ(LPとも呼ばれています)は一つの商品やサービスを購入して頂くことを目的に、一枚の縦に長いスクロールするWebページという特徴を持っています。

ホームページ製作にも特化したZEROの大きな特徴は、「アクセス」、「成約率」、「マーケティング」という3つの改善力でクライアント様の販売促進に貢献しているという実績が多数ある点です。

現在運営中のWebサイトで、具体的なお困りごとはどのようなことでしょうか。
Webからの売り上げを伸ばしたい、Webサイトに訪問者(アクセス)をもっと集めたいなどのご希望がありましたら、既存のWebページのリニューアルあるいは新規製作はオススメです。

オススメの理由はZEROの戦略的なマーケティング、成約率を高める戦略、良質なアクセスを集める戦略、と言った具体的な方策がこれまでの実績の積み上げで実証されている点です。

健康食品のLPに関しては、薬事法のしばりもあり、掲載する文言も細心の注意が必要であり、健康食品のWebページ製作はそれ自体、スキルと業界の動向も熟知している必要がありますし、常に新しい商品が登場しており、同業他社との競争も厳しいのです。

ご予算にあわせて、各種プランも用意されており、今後、Webでの販促や売上を強化したい、売上を伸ばしたいとお考えでしたら、ZEROをオススメ致します。

化粧品のランディングページはイメージが超重要!

ランディングページに限らずサイトでもブログでも成果を上げるために一番重要なポイントになってくるのが、だれに向けて情報を発信しているかということです。

ターゲットを設定していないLPはどんな人気商品や話題の商品を扱っていても売れるサイトには決してなりません。では、化粧品のLPを作っていくにあたり、何に注意してランディングページを作成していけばいいのでしょうか。

まず、ターゲットとなるのは女性ですから、華やかなイメージを印象づける必要があります。ここでいう印象というのはイメージのことです。たとえば、テキストよりも画像、そして画像よりも動画といったように、ランディングページに訪れたユーザーが一目で分かる様なページ作りが効果的です。

また、こうしたイメージを意識することで見えてくるものもあります。最近では検索する端末がパソコンからではなく、スマホやタブレットからのアクセスにシフトしてきていることもあり、テキストだけのページだと、小さい画面が影響してスクロールすることさえせずに、すぐに離脱してしまう可能性が高くなりました。

また、スマホからの流入が中心となってくると、ちょっとした隙間時間や暇なときに化粧品をさがすシチュエーションも多いことから、テキストでの説明よりも商品画像を一枚貼るだけでも、効果の差はまるで違ってきています。

このように、ターゲットを意識したHP作り を心がけることで、売上につながっていく可能性が高くなるといえます。

ランディングページのクリック率をが上げるアクションボタンは暖色系!

web広告を打ち出すなら、無駄なクリック数を減らしコンバージョン率を上げ、しっかりと効果を上げたいですよね。ユーザーがまずくるのがランディングページ(以降LP)。

まずはこのページに来てもらわないことには、コンバージョンを獲得することは出来ません。まずはLPにターゲット層を呼び込む対策を行いましょう。様々な方法があると思いますが、ここ
ではLPに来たユーザーのクリック率、いかに多くのアクションボタンを押してもらうかに注目してみてみましょう。

コンバージョンは資料請求だったりお問い合わせだったりと内容はいろいろだと思いますが、そのアクションボタンは目立つボタンでなければいけません。せっかく気になったユーザーがいても、どこのボタンを押せばいいのかわからないから止めてしまう、では勿体ないです。わかりやすいボタンであることは大前提で、更にクリック率を上げたいのであれば、ボタンの色は暖色系にしましょう。

青や緑もいいですが、暖色系の方が目を引きますし、色のイメージ的にも温かみがあって安心感を覚えます。真っ黒のボタンと、オレンジのボタンだったら、オレンジのボタンの方が押したくなるでしょう。

ホームページを作って開いた時に、まずぱっと目に飛び込んでくるようなボタンのデザインと色にすること
で、そのページの最終目的地をユーザーに意識させ印象付けましょう。ボタンを工夫するだけでクリック数=コンバージョン率も上がりやすくなりますよ。

企画・構成がランディングページで最も重要な理由

集客率を各段にアップさせる方向性がみられる最近のランディングページ(LP)は、企画の段階からしっかりと向き合うことで、創造以上の成果を成し遂げる方針が出てきます。消費者が切望しているニーズに真正面から向き合うことで、重要な案件をクリアしながらポイントを押さえることにつなげていくことが見込めます。

またITに強い担当者が責任を持って最後の最後まで行えば、ビジネスの部分におけるメリットを最大限発揮していく方向性も見えていくのです。このようにインターネット時代には、ホームページ(HP)
の存在が不可欠となっていきます。

それから魅力的なサービスを適切なかたちで伝えていくようにする取り組みは、男性目線と女性目線で若干違っていくという解釈を改めて確認しておくことが大事です。最初に目にする光景がどういう印象として定着するかが最も大切であり、イメージ向上にも大きく関与していきます。既存のホームページに加え、新しいエッセンスを織り込ませることで、今後活用していくような意識が芽生えるようにもなるわけです。

企画を今後行う企業においては、コストの面も綿密に計画して、将来性の感じられるような内容に収束させることが大事なのです。見る側に何を優先的に訴えていくのかをきちんと理解できれば、重要となるポイントを見逃さずにランディングページ(LP)を制作していくことが可能となります。ビジネスの場では、重要な存在なのです。

食品関連のランディングページのポイント

消費活動に走ってもらわなければ成り立たない食品関係の会社が制作するランディングページには、是が非でも取り入れておくべき内容があります。世間の人びとに食べてもらいたい一品が誕生した背景について、事細かくLPに記載することです。
食品関係の商品には、各々に誕生するまでに経てきた歴史が存在します。可能な限り当時の担当者を交えて、ランディングページに盛り込むべき事実内容を考えます。このときに、社会に良い影響をもたらしたいとの願いで考案した一品であれば必ず掲載するに越したことはありません。見た人を感動させられる効果があり、他に食べたいものがあったとしても優先的に店舗に足を運んでくれたり通販購入してくれたりする期待が高くなります。企業独自の想いを存分に伝えられるようにするためには、開発時に考えたコンセプトから話題を広げるのがうってつけです。
食品関係のランディングページであれば、宣伝対象の味わいや独自考案の食べ方などといった豆知識を掲載することがセオリーとされています。実際にそのようなLPは多々存在していますが、だからと言って成果を上げられているとは限りません。競合他社の猿真似をしている企業も珍しくはなく、コンセプトのかけらも確認することができない完成度のものさえ存在しています。ですから、ずさんとも言うべきLPを制作している他社とのリードを大きく広げるためには、コンテンツの質を向上させることが至上命題というわけです。

ランディングページ作成の相場を10社まとめてみました。

ヒット商品を誕生させるためには、まず消費者に快く受け入れられる状況を出していく必要があります。ランディングページ(LP)を駆使して、納得のいくビジネスを実施していくには、購入後の快適な環境をわかりやすく説明することが大事なのです。また作成するにあたり、依頼する企業の見積もりをしっかりとることが重要にもなります。具体的な相場というものを慎重に見定めていくことで、導入して本当によかったと思えるランディングページ(LP)を得ることになるからです。こういった内容を自らが体感するようになれば、未来へ着実につながるような結果も理解できます。そのため適正な価格を見定めて、集客率をアップさせるような対策を敢行していくことが重要です。
その一方で対象となる顧客は自国に留まらず、世界中の人になるといった事実も受け止める必要があります。日本の企業が海外に押されがちな現象も出てきたため、早い段階でランディングページ(LP)を作成することが大切なのです。地域による生活スタイルの違いをきちんと見極め、自社のメリットを最大限に見出すことができるようになれば、事前に見積もった相場以上の価値を残す方向性にもつながります。関心の強い10社を徹底的に比較しあうことで、ベストな結論を出すような内容が現実のものとなっていくのです。ホームページへの好感度は、その後の購入意欲にも大きく関与していくため、コストをかけてもしっかりと作り上げる部分が大切です。

ランディングページの解析方法とは?

ECサイトやオンラインショップへのアクセスを増やしたい時に使われる手段としては、ランディングページがあります。
ランディングページのレイアウトは、縦長である事が多く、パソコンやスマートフォンなど色々な端末に対応するようにレスポンシブデザインを採用するケースが多いです。

レスポンシブデザインにしておけば、PCページをCSSで自在に自動的に調整が出来ますので、新たにモバイル専用ページを作成する手間が省ける事になります。

LPを導入する上で必要な事としては、解析方法も同時に導入しておくという事です。
WebサイトやブログやSNSなどを検索エンジンの上位表示にする為には、アクセスする人々がどのような経路でページにアクセスしてきたかを分析する事が必要ですが、ホームページ制作
においても同じ事が言えます。

解析方法としては、解析ツールを使う方法がポピュラーです。
解析ツールには、どのようなキーワードを使って検索をしてアクセスをしてきたのか、どのサイトやページのリンクから飛んできたのかなどの項目を調べられます。

LPは、メインページやオンラインショップとは違い、これらのページへと誘導する為に導入される物ですので、SEO対策を十分に行っておく必要があります。

解析ツールを最大限に使って、アクセス時によく使われるキーワードや今後アクセスの伸びが期待出来そうなキーワードを割り出して、それらのキーワードをベースに文章コンテンツを作っていくと良いでしょう。