DM開封率と健康食品の種類の関係

ダイレクトメール(DM)と迷惑メールを明確に区別していくような様相が現在は必要な環境になっています。開封率のみで見ていけば、数パーセントといった低い数値が一般的になっていることから、これからこういったビジネスで商売繁盛を狙っていくには、方法そのものを工夫していく段階が重要になるわけです。また消費者心理というものを参考にしながら、あの手この手を駆使してベストな結論を見出すようにする部分が必要となります。開封率を格段にアップさせるようなポイントをしっかり押さえ、第一印象をよく持ってもらえるような内容に特化させる部分が大事な側面にもなるわけです。
それから売り上げアップの差が激しい産業と言われている健康食品においては、ダイレクトメール(DM)の質そのものが重要な事柄になっています。お客の雰囲気を早い段階で察知して、読む側の視点に立った文面へ特化させる事柄も大事になります。読んでもらえるような方向性を常に研究していくようにすることで、健康食品をはじめとする産業全体のイメージをアップさせる内容にも結び付いていきます。先に述べたように、ダイレクトメール(DM)は第一印象が大きく左右される内容であることから、メールの件名に力を注いで気持ちよく開封されるような結果を担当者は目指していくようにする事柄が重要なのです。ランディングページ(LP)も第一印象で大きく離脱率が左右されます。さらに若い世代などへアピールをどのようにしていくのかが、今後の課題にもなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です