amazonのランディングページってなんでシンプルなのか?

シンプルなランディングページであることに定評のあるamazonは、どのような経緯があって現状のLPができたのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。小難しい経済学の知識が盛り込まれているわけではなくて、多くの人がamazonの運営者の立場になれば自然的にシンプルなランディングページにしなければならない事情があるからです。

amazonで取り扱われている商品の数は膨大であり、毎日のように増加している傾向があります。そんな中で複雑なLPを作成すると、紹介したい商品の情報を自由自在に表示することが困難になります。言わば、カスタマイズ性に乏しくなってしまうというわけです。自由度が高いLPであれば、どれだけ多くの商品を紹介するときであっても配置などを適宜決められるので運営が易しくなります。

シンプルなホームページ制作だと、見やすさが向上するという特徴が含まれています。さまざまな要素が凝縮されたページには見た人の好き嫌いが如実に分かれる一方で、簡素的なものならば個人の好みにかかわらず閲覧されやすくなるというわけです。数多くの商品を扱っている企業ですから、多数派からの支持を得なければコンスタントに高いレベルの利益を上げることはできません。

当事者として考えたのであれば容易に考えつきやすいことである一方で、消費者の立場に立っていると本質にたどり着くことは困難を極めます。何か結果が存在していて理由を探る場合、当事者意識を持つことを要します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です