飲食店のランディングページ集客は難しい?

ランディングページを設置する目的は、自身の利益増大に直結する集客を行うことです。形があるものばかりではなく、無形であるけれども情報価値が高いものもLPで扱われる対象となることが多くあります。また、飲食店自体の特徴をランディングページで解説して集客アップにつなげようとする動きも少なくありません。

ところが、飲食店がLPで集客しようとしても容易ではないのが現実です。

飲食店に訪れる人びとは、店舗が公式的に発信している情報を参考にすることが少ないです。たいていは地域に点在する複数の店舗を比較している情報源を参考にして、一般の利用客の体験文章を見た結果として来店するか否かを判断します。したがって、ホームページを制作・活用して利益を上げようとしても空回りの結果に終わってしまうことがしばしばあるというわけです。

食した料理の味を詳しく広めることを生業としている人を除いては、店舗のメニューが美味かどうかのみを一般の利用客は気にします。ですから、LPで料理が完成するまでに費やした苦労などを長々と説明していても、その情報を喜々として閲覧するのは一部の人だけと考えられます。

宣伝活動を行うことは多かれ少なかれ利益増大に良い影響を及ぼしやすいですが、あまりにも効果が薄いことが事前に明らかになっていれば何もしない方が賢明な場合があります。決断を下す自由は保証されていますが、影響をよく考えておかないと喜ばしい結果にはつながりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です