日本でカジノが建設されるならどこになるか

  

現在日本国内においてはカジノの営業は認可されていません。しかし、世界を見ると、これまで許可してこなかった国に関しても、その高い集積性や観光業への好循環を期待して解禁へと踏み切る国が増えています。また、解禁した直後から新しい観光スポットとして観光客誘致に成功している国もありますので、日本においても誘致の熱は高まっています。特に2020年に控えた東京オリンピックでは、多くの訪日外国人の方が訪れることが期待されています。しかし、現在日本の観光スポットは昼間に楽しむ場所が多いので、夜楽しめる場所が少ないというのもまた事実ですので、世界中から訪れた観光客の方たちに旅行の満足度を高めてもらうためには夜も遊べる施設の拡充は必要になってきます。もちろん、結果として企業収益が上がれば税収も増えます。

近年カジノ誘致で大きな成功を抑えたのがシンガポールです。シンガポールでも既に経営ノウハウを多く持つラスベガスに拠点がある企業の誘致を進めたため、日本においても既に成功実績のある外国企業を誘致する方向が有力です。規模もある程度大型のホテルやショッピングセンター、会議場などのいわゆるIRと呼ばれる統合型リゾートとされる経営形態が今日の経営スタイルになっていますので、施設規模も大きくなることが予想されます。ある程度大規模な土地開発が出来る場所でなければ開発が難しくなることが予想されます。また、どこに誘致するかについては、都市圏はもちろん、地方にも候補が上げられます。地方に観光スポットを誘致することで、地方再生への道筋を作る可能性があります。就業場所を創設したり、観光業を盛り上げる効果が期待出来ます。カジノを体験してみたい方、 まずはネットカジノランキングで人気のカジノからスタートしてみませんか?

カジノの誘致の候補としては既に北海道から沖縄まで複数の候補が上がっています。オリンピックが迫っていますので、オリンピック開催頃の営業開始を目標にすると、候補をどこにするかという目星はそろそろ付けておかなければなりません。現状世界でも全国に店舗を設置するよりは、特定の地域を決めてその場所でだけの営業を認可するスタイルが主流ですので、特例地区を設ける構想が有力です。特に有力と言われる候補地は大阪と沖縄とされていますが、産業として日本にカジノを設置すると経済効果が2兆円規模になると推測されています。経済効果が巨大なだけに、どこの都道府県に誘致するのか、誘致合戦も加熱してきています。観光客にとっての利便性やや現地の住民の方の意見も取り入れつつ、候補地が選定されることが考えられます。