LPのイメージって競合他社を参考にした方が早い?

競合他社もホームページを作成していたときには、積極的にLPのイメージを参考にすれば手早く作業が終わるなどと考えるのは言語道断です。業界の中でも特段成功しているように見受けられるLPであればなおさらで、安直にイメージを参考にしてしまうと後々になって大変なことが起こります。

ランディングページは言わば著作物なので、自社以外のものであれば競合他社が権利を保有しています。一例として競合他社のランディングページの構成を参考にした結果として、著作権法違反に手を染めてしまうことにつながりかねません。

そうすると業界内部での信用が急激に低下してしまい、どの業者からも相手にされることがなくなってしまいます。

酷似していなければLPのイメージを見て研究しても良いのではないかとの意見もありますが、何かしらの既存作品から着想を得て制作したものはオリジナル品と似てしまいやすいです。人は無意識のうちにインプットした事柄をそっくりそのままアウトプットする修正を持っているので、非常に大人数の当事者がいても見抜くことができずじまいに終わってしまうことが無きにしもあらずです。

全ての内容からアイデアを得ることがいただけないわけではなく、特定の情報を伝えるためには何が必要なのかについて検討する際には問題はありません。コンテンツの構成要素を検討する際には、存分に他社のアイデアから有益そうなものを見抜いて実践することが極めて大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です