日本でも検討されているカジノ企業の誘致

  

現在世界各国でカジノの開業が相次いでいます。これまでは国の法律で禁止されていた国でも、法律を改正するなどして企業の誘致を進め、開業へ舵を進めるケースが増えています。特に主要な産業がないような国や、人口減少が進んでおり、税収が将来的に減っていくことが予想されるような国や地域の導入が進んでいます。日本においても、現状高齢社会を迎えている状況ですので、カジノ誘致の議論が今後本格化していくことが予想されます。また、東京オリンピック、パラリンピックも控えていますので、増えることが予想される訪日外国人観光客の方により日本を楽しんでもらい、また消費を促すことで税収が増えることが期待出来ます。日本の企業には、まだカジノ運営の経験がないため、メインストーリーとして検討されているのは外資系企業の誘致です。

既に長年のカジノ運営の経験を持つ外資系企業を積極誘致をすることで成功を収めている国がアジアには複数存在します。中でも近年大きな注目を集めたのがシンガポールです。シンガポールは既に観光立国として有名ですが、近年カジノを解禁し、アメリカはラスベガスで成功を収めているサンズを誘致して結果として魅力的な観光スポットを増やすことに成功しています。マリーナベイサンズは今ではアジアだけに留まらず、世界中から観光客が訪れる憧れのホテルになっています豪華なホテルに注目が集まりがちではありますが、カジノ施設を備えた統合型リゾートになります。大きな会議が開催出来る会議場も併設されていますので、国際会議なども開催することが出来ます。国際会議が開催されれば出席者の関係者や家族も含めて滞在しますので多くの関係者がホテルに滞在することが期待出来ます。

外資系企業の誘致で成功している事例はシンガポール以外にも、マカオでも見ることが出来ます。マカオはアジアのみならず、現在では世界最大の売上を誇るとされる一大カジノシティへと成長しています。既にラスベガスを超えるプレー金額が年間使われているとされていますが、その市場を支えているのが外資系企業のノウハウです。マカオといえば、豪華なベネチアンマカオが有名ですが、運営しているのはラスベガスに拠点のある会社になります。観光客としても、海外で同じ系列のカジノを訪れれば、同じサービスレベルでバカラゲームを楽しむことが出来ますので、ゲームに安心して参加することが出来ます。世界中でも人気のカジノゲーム、バカラはルールや勝ち方を知っていないと痛い目にあうので気をつけてください。

カジノは日本においても今後特に地方においては海外の知見を取り入れつつ、外国人観光客をメインに対象とした誘致が進められることでしょう。