情報商材のランディングページって胡散臭くみえない?

決して安いとは言えない商品ジャンルに属している情報商材がランディングページで紹介されていれば、必ずと言っていいほど胡散臭いなどという声が各方面から聞こえてきます。

意思表示をしている張本人は憶測で物事を判断しているに過ぎず、しばしば内容が皆無の中傷のようになっています。

他方、LPで情報商材を購入してビジネスなどで活用した人物の経験がネット上に公開されることがありますが、短期間のうちに誰も見向きしなくなります。肯定的な意見であればLPの作成者本人ではないかと勘ぐられ、その反対意見の場合は一段と胡散臭い商品であるというイメージを増長させます。

どちらに転んでもランディングページの信ぴょう性を下げかねない結果につながりやすいので、肯定的ではない評価を下す人の数が多くなるというわけです。

ランディングページで取り上げられている情報商材のメインターゲットは、胡散臭いなどとは微塵も感じないで購入しようとしている人です。多少なりとも疑いの目でLPを見る人は運営者にとって顧客ではなく、単なる傍観者に過ぎません。

ですから、外部からの評価にかかわらず定期的に新たな商材が登場しては購入する人が登場しているというわけです。

なお、あまりにも根拠に乏しく商材の売上悪化に直結する評価を公の場所で表示させると、運営者と法廷で争わなければならなくなります。思うところがあったとしても、声を大にして多くを語ることはいただけません。

効果的なホームページを作るのであればエビデンス(証拠)としてお客様の声や実績数などより具体的なエビデンスをだしていくとより効果的と考えております。