LP制作は運用が命。

素晴らしい出来栄えのランディングページ制作が完了したならば、それを後悔しない手はありません。

そうして一定の効果を上げることができればいいのですが、必ずしも目的通りとはいかないのがLPの難しいところです。結果が芳しくないのであれば、運用段階で何かしらの手を打つことが求められます。

じっと耐え続けているだけでは、LPを通じて顧客数が増加する可能性は高くありません。

ホームページの制作中に、嬉しい結果を生み出してくれると感じても大げさではないぐらいの写真が撮影できたとします。

これをLPに組み込んで運用し始めた結果として公開前と売り上げ高に変化がなければ、被写体に魅力を感じてもらえないと考えるのが妥当です。ランディングページの運用途中で気付いたのであれば、なるべく早めに新たな写真を用意して従来のものと差し替える必要があります。

あれこれと手を加えて制作した写真に愛着がある場合でも、シビアなビジネスの世界では受け入れてもらえないことも当然のこととしてあります。現実を受け入れて次のステップに進むことができる運営体制は、インターネット上の宣伝に限らず高い効果を発揮します。

実際にコンテンツ内容に変更を加える際には、明確な基準を設けておかないと現場が混乱してしまいます。規定の日数のうちに成約数が著しく少ないなどという、誰が見ても見当違いが発生しにくい基準が大切です。そうすれば、担当者が変わっても安定的な活動ができます。