ランディングページ制作を依頼するときに注意するポイント

ホームページを作成する技術力を保有していないなら業者に作成をお願いしなければなりませんが、最低限注意しなければならないポイントがあります。クリエイティブな作業内容が多いので、開発者の仕事が快適になるように必要な注意点ばかりが挙げられます。

ランディングページが存在することによって自分自身がどのように変わるのかを明確に想像できないと、依頼先の業者は困り果ててしまいます。

相手はマーケティングのプロフェッショナルではありませんから、形にしたいhpの全体像を顧客から伝えられなければ行動を起こすことができません。

業者に報酬を支払うのだから全ての工程を一任するなどと完全なるお客様目線で接していれば、ランディングページを作成させることが困難であると打ち明けられて契約を解除されかねません。そうなると再び業者を探し始めることになるので、大幅な時間ロスにつながってしまいます。

依頼すれば何度でもLPを修正してくれるかと言えば、そのようなことは決してありません。他にもLPを制作してほしいと依頼してくる多くの顧客を相手にしていることも多いので、修正作業の回数には限りがある場合も少なくないです。

明らかに業者に過失がある場合を除けば、せいぜい数回程度の修正回数が規定されています。ですから、将来的に詳細な仕様を詰めれば良いと考えるのではなくて、納品までの間に真剣に考え抜いてデザインの全容を明確化させる必要があります。