カジノ法と呼ばれているものの内容です

  

海外ではごく普通のものとしてすっかり定着しているカジノですが、日本では初めて導入されるということもあって、賛成の声だけではなく、反対意見も出ています。ギャンブル依存症の増加や治安悪化の懸念です。そもそも、カジノ法といった呼び方がされていますが、正式にはIR推進法と言います。”Integrated Resort”を略してIRと表現しています。これは、「統合型リゾート」の意味を持っています。多くの観光客を呼ぶのにふさわしいリゾート地として発展させていこうという内容が盛り込まれた法律のことことです。先進国のほとんどではカジノが設置されており、それを目当てに海外からの観光客が押し寄せるという図式は、極めてオーソドックスなものです。日本にも国際化の波がやってきたと考えるのが妥当でしょう。

IR推進法の目的とするところは、カジノはじめ多くの観光施設を設けることによって、その周辺地域に対する経済活性化を促進する、ということに尽きます。ちょうど、2020年に開催予定の東京オリンピックを意識しながら、IR施設整備の準備が急ピッチで進められています。経済大国である日本にカジノ施設が作られた場合、相乗効果によって、より多大の経済効果が期待できるから、というものです。2020年にオリンピック観戦に訪日する多くの海外観光客に、日本の新しい顔としてIR施設をお披露目したいとの意向も根底に流れています。シンガポールの事例を引くまでもなく、IR施設ができることで海外からの観光客が爆発的にふえ、当然ながら、地元に大きな経済効果をもたらしてくれます。観光立国を自任する日本としては、カジノ施設を設けることで観光客の誘致を強化する狙いを持っています。

他方、IR推進に反対する人は、まずは賭博そのものに対する嫌悪感をあげています。主として、パチンコ依存症を取り上げ、ギャンブルは家庭も個人も破壊してしまうとのイメージでもって、反対しています。賭博が日常的に生活の中に浸透していくことに抵抗を覚え、受け入れることに躊躇している現実があります。そういった観点から、現在、検討されている対策案の内容の一つに、日本人の会場への入場は認めない、というものがあります。海外から日本に観光にやってきた外国人だけが施設を利用できることとするものです。あるいは入場料を高額にすることによって、安易に入ることができないようにする、また、入場回数を記録しておいて一定回数を超えたら入場を認めないという回数制限を行う、などといった対策案が練られ、検討されているところです。

カジノといえばカジノの王様バカラです。カジノ好きな人はバカラの勝てる賭け方やルールを覚えておきましょう。