売れるネット広告者のランディングページは動きのあるアクションボタンがポイント!

動きのあるアクションボタンがホームページに配置されていると、それだけでコンバージョン率が急上昇する期待が高まります!

ところが、LPによっては全く導入されていないこともしばしばあります。

ホームページを作成する場合には種々の情報を詰め込まなければならないので、自然と騒がしい雰囲気のデザインに落ち着きがちです。すると、問い合わせリンクなどにアクセスできるボタンがどこにあるのかについて分かりかねる事態が発生してしまいます。

せっかくLPを介して商品を購入しようと意気込んでいた人も、次の行動を起こすために必要なアクションボタンが見つからな
ければ他のサイトへ移動せざるを得なくなります。したがって、動きやまないアクションボタンの配置が重要になってきます!

動きのギミックさえ組み込まれていれば良いわけではなくて、LPを見ている人が好意的に押下してくれるものである必要があります。たとえば、騒々しいほどに点滅を繰り返しているボタンを設置しているとコンバージョン率に良い影響を及ぼしません。
いかにも購入を過度に勧めているように受け止められてしまうので、ランディングページから先の行動を起こすことを躊躇わせてしまいます。

一方で、緩慢な点滅ばかりしているボタンの存在も好ましくありません。ビジネスにおいてはスピードが命ですから、あまりにもゆっくりすぎる点滅のボタンからは広告者からのやる気が十分に感じられなくなってしまう恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です