LPは青で作ると信頼性が増すって本当?

青い色をLPに盛り込む頻度を高くすると、信頼性が増す完成品を生み出すことができます。精神の昂ぶりを抑える効果を持つ青い色は、冷静な判断を要するビジネスの世界ではしばしば好まれています。売れるホームページを作成し、商品を購入しようとする人の思考回路をクリアにさせることもできるので、青い色が用いられたページは信頼性が増すと考えられます。

販売者独自のセンスで作成できることがランディングページの強みですが、ときには自ら墓穴を掘ってしまうことにもなりかねません。信頼性に乏しいと感じさせる色の割合が多いLPは、その場限りの影響を生み出すのではなく将来にわたって売り上げ高に良くない事象を発生させます。多数派から受け入れられ難い宣伝手法を好んでいる販売者は、経営センスを疑われてしまっても仕方がないからです。

ビジネスシーンに相応しくない色を使ってLPを作成した場合、アクセスする人は数え切れないほど存在します。あまり良くない印象を受けたアクセス者は、その事実をビジネスパートナーなどに報告する可能性が否定できません。その結果、自身の経営センスの稚拙さが広く知れ渡ってしまうことにつながります。

ビジネスライクな対応が求められる個人や団体は、喜々として奇抜な色をランディングページに使うことはありません。気持ちを明るくさせる効果が期待できる一方で、ビジネスマンとして軽すぎる印象を相手に与えてしまいかねないからです。ですから、落ち着いた色使いを好むことが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です