英語のランディングページは外国人に有効か?

国内の市場規模が大きいとは言っても、自社だけが独占的に利益を上げられるわけでもないので競争が必要不可欠です。似たような商品を複数の企業が独自に販売しなければならない状況下では、営業力が高いところに軍配が上がります。

さらには、日々刻々と変化する社会情勢によっても違いがあります。

そのため、視野を大きく広げて外国人を相手に商売を展開することは賢い決断と言えます。世界中の見込み顧客を相手に営業活動を行うことになるので、国内市場のように熾烈な競争は発生しにくいからです。

外国人向けにランディングページを作成することは、世界中の市場を意識した能率的な戦略です。LPの内容が素晴らしければ、海を渡らなくても宣伝活動を優位に進めることができます。

しかしながら、外国人向けのランディングページを作成するにあたっては英語でコンテンツを生み出す必要があります。もしも英語能力が高い人物が身近にいたり自身の語学力が優れていると感じていても、LPを公開する前の文章チェックはネイティブスピーカーにお願いするべきです。

ホームページとしては有効な文章を作成できていたとしても、使われている言葉が古かったりする可能性があります。

また、言葉は日々進化しているので相手を罵るときに使う単語が、英語圏の国では何かを賞賛するときに多用されるようになっていることが無きにしもあらずです。ですから、厳しいチェックをしてもらい一段と有効な文章を作り出すことが求められます。